インストラクター Nao

ピラティスを始めた理由


20代後半に体調を崩し、自分の身体が衰退していくような感じがありました。このままではダメだ・・・身体を根本的に見直したい!

そう思うようになってヨガを始めたのですが、当時の私にはとても難しく感じました。もっと自分にあったボディワークはないか、と思っていたときにヨガスタジオでピラティスを体験する機会があり、なんとなくこれかも・・・と始めてみました。

 

ピラティスの魅力


もともとピラティスはリハビリとして開発されたので、怖い動きがなく安心してできる感じが私には合っていたのかもしれません。

目に見えない、触ることのできないコア(インナーマッスル)を鍛えるという感覚的な要素と骨格を正確に動かそうとする理論的な要素が組み合わさっているピラティスはとても魅力的に感じました。

 

ピラティスで実感できたこと


一番実感しているのは、自分の身体と向き合うという事がわかるようになったことです。それまでは向き合っているようで、思い通りにコントロール(支配)しようとしていたことにも気づきました。その経験を通して、気が楽になり、身体の柔軟性が出てきて、身体が自由に動くようになってきました。

 

どんなレッスン?


レッスンではその人の身体をニュートラルに導くように心がけています。人の身体はそれぞれ違いますので、できるできないではなく、私の言葉を聞いて、自分の身体がどう反応するかを感じていただければと思います。

 

ヨガもやってます


ピラティスを実践した事で身体が徐々に変わり、難しいと思っていたヨガが気持ちいいと思えるまでになりました。以前の私のような身体の固い人向けのヨガクラスも開催しています。