インストラクター Nao


20代後半(2009年頃)に体調を崩し、自分の身体が衰退していくような感じがありました。

このままではダメだ・・・身体を根本的に見直したい!と思うようになってヨガを始めたのです

が、当時の私にはとても難しく感じ、もっと自分にあったボディワークはないかと思っていたと

きにヨガスタジオでピラティスを体験する機会があり、なんとなくこれかも・・・と始めてみました。

 

もともとピラティスはリハビリとして開発されたので、怖い動きがなく安心してできる感じが私には合っていたのかもしれません。

目に見えない、触ることのできないコア(インナーマッスル)を鍛えるという感覚的な要素と骨格を正確に動かそうとする理論的な要素が組み合わさっているピラティスはとても魅力的に感じました。

 

レッスンでは私がこれまで学んできたピラティスの理解を体感していただけるようわかりやすくお伝えし、今後も皆さんとともに成長していきたいと思っています。

 

 

P.S. ピラティスを実践した事で身体が徐々に変わり、難しいと思っていたヨガが気持ちいいと思えるまでになりました。以前の私のような身体の固い人向けのヨガクラスも開催しています。